沖縄の自然を楽しもう

   沖縄最大の夏祭り全島エイサー祭り
越来エイサー

沖縄最大の祭りと言えばこの
全島エイサー祭りです。

エイサーとは、沖縄伝統的な盆踊りの様なものです。元来集落の若者達が浄土宗系の念仏歌に合わせて、家々を踊りまわる行事で、その念仏踊りがエイサーの前身だと言われています。
園田エイサー
エイサーは、5月頃から公民館・学校・公園などを借りて夕方より練習を行っています。エイサーの太鼓の音が聞こえてくるようになると、夏が来たのだな〜と実感します。

沖縄の行事のほとんどが旧暦で行われ、エイサーも旧暦の13日〜15日に行われます。

旧盆の夜エイサ−を行いながら、集落を練り歩くことを道ジュネ−という。行う日は、主に3日間の最後の夜(ウ−クイ)に行うことが多い。

エイサ−の最後に、周辺の地域のエイサ−がいくつか集まって、通りを練り歩くことをエイサ−オ−ラセ−と言います。いくつかのエイサ−が、通りを交差する時、旗頭をぶつけ合ったり、向き合ってお互い別々の演技をして競ったりして盛り上げる。最近では、これを見に観光客が集まるほど、人気が高まっている。

旧盆のエイサーは各部落の家々を練り歩き各地で盛り上がってますが、それとは別に全島エイサー祭りが行われます。

私の子供のころは全島エイサーコンクールと言われ、演技に対して、順位をつけていました。今では全島エイサー祭りとして、順位をつけないで行われています。

全島エイサー祭は各地から参加するため20団体以上のえいさーを見ることができ、観客の30万人位見に来るようになりました。

今年のエイサー祭りは8/22・23・24に行われます。一度は見てほしい祭りです。